6月15日は栃木県民の日!無料・オトクに楽しもう!

「トランポリンパーク ジャンポリン(Jumpolin)足利」雨でもOK!親子で楽しい屋内施設!|栃木県足利市

栃木県足利市にあるトランポリンパーク「ジャンポリン」で子どもと一緒に遊んできました。本格的なトランポリンパークは栃木県では初の施設。屋内施設なので雨の日など天気が悪い日もOK。子どもから大人まで遊べるスポットを紹介します。

しょう

本格的なトランポリンパーク!機械体操をしている娘も大喜びの施設でした!

ジャンポリン(Jumpolin)とは?

栃木県足利市にあるジャンポリン(Jumpolin)は、栃木県初のトランポリンパーク。2021年1月にオープンした施設です。館内は6つのエリアにわかれていて、身長120センチ未満の子どもはそのうち3つのエリアで遊ぶことができますよ。

競技用のトランポリンや反り立つようなすべり台もあり、子どもから大人まで楽しめる施設。時間で入れ替え制で、訪問前に公式サイトから予約して訪れるのがおすすめです。

ジャンポリン(Jumpolin)のアクセス・営業時間などの基本情報

ジャンポリン(Jumpolin)のアクセス・営業時間などの基本情報は以下のとおりです。

「ジャンポリン(Jumpolin)」のアクセスや営業時間などの基本情報
  • 住所:〒326-0035 栃木県足利市芳町26
  • TEL:0284227799
  • 営業時間:平日10:00〜15:00 土日祝10:00〜21:00
  • 定休日:水曜日
  • 駐車場:あり(無料、20台)
  • 電車の場合:最寄駅…JR足利駅・東武足利市駅からバスまたはタクシーで10分
  • 車の場合:最寄りIC 北関東道足利IC降りて10分 佐野藤岡IC 降りて40分
  • その他:公式サイトにて事前予約がおすすめ
  • 公式サイトはこちら

▽MAP

予約方法

訪れる前に、公式サイトから予約をするのがおすすめです。ジャンポリンは、時間ごとに入れ替え制。定員が決まっているので、予約して訪れるのが安心ですよ。

ジャンポリンは時間ごとに入れ替え制

予約のキャンセルは直前まで可能で、支払いは店舗で直接行います。

初回は店頭で会員登録が必要です。初回に未成年だけで訪問する場合は、同意書を自身で印刷し、 記載の持参する必要があります。

料金 割引クーポンはある?

ジャンポリンの料金区分は以下のとおりです。

一般(身長120センチ以上)60分 1,760円
子ども(身長120センチ未満)60分 1,100円
2歳以下の子ども無料(付き添いが必須)
付き添いの保護者60分 600円
ジャンポリンの料金

上記の料金の他に延長プランや2時間プランもあります。初めて利用のときの登録料金はかかりませんでした。

割引クーポンは公式LINEに登録すると、100円引きのクーポンがその場でもらえました。

必要なもの・服装 

遊ぶ人は、滑り止め付きのソックスの着用が必須です。他店のものでもOK。ない場合は、購入またはレンタルすることができますよ。

滑り止め付きソックスの購入400円
滑り止め付きソックスのレンタル200円
滑り止めソックスの料金

また、トランポリンで運動するので動きやすい格好が必須です。手荷物や外履きは鍵付きのロッカーに預けることができます。

受付で水の販売もありますが、飲み物の持参がおすすめです。

体験レポート:本格的なトランポリンが楽しめる!

娘と一緒に足利市にあるトランポリンパーク「ジャンポリン」へ。道路沿いに大きな看板があり、迷うことなく訪れることができました。

Webサイトで予約を済ませていたので安心。予約したのは、1回目の回の10時〜11時までの時間帯です。

10時ちょうどに訪れましたが、すでに受付や支払いを済ませた人たちが待機していました。少し早めにきて先に会計などもすませると、準備万端で区切りのスタート時間から遊べます。初回だったので、承諾書への記入などもありました。

バック転などもOKのトランポリンもあり、器械体操をやっている娘の目が輝いていました。他の施設ではほとんど禁止されているので、嬉しそう。

▽館内の利用案内

北京オリンピックの日本代表選手のサインもあります。

受付では、ペットボトルの水とアクエリアスが販売されていました。

マリオになりきれるアイテムの貸し出しもあり。

靴を脱いで、貴重品と外靴は鍵がかかるロッカーに預けて、いざトランポリン!

スマホや小物のポケットはトランポリンエリア内に設置されていました。

▽施設内にあるトイレや更衣室。

▽こちらは、身長120センチ未満の子どもも遊べるトランポリンエリア。

いろいろな大きさのトランポリンが7面設置されています。障害物を越えるパルクール体験や、初めてトランポリンを跳ぶ人も楽しめるエリアです。

▽スポンジプールエリア

スポンジプールで安全に着地できるので、技にチャレンジするのもおすすめ。

▽ウォールエリア。

競技用に近いトランポリン。高くジャンプができ、宙返りやバク転などの技OK。目の前にある2.5mの壁に飛び乗ることもできます。

娘はこのトランポリンで楽しそうにいろいろな技にチャレンジしていました。

見ているだけで手に汗握る「デビルスライダー」。

見た目はほぼ直角の角度です。3m以上の高さから滑る関東一の大型スライダー!!怖い。

娘がチャレンジし、満点のスリルを味わっていました。

▽全⻑18mの忍者アスレチックコース

訪れたときは開催していませんでしたが、タイムトライアルにも挑戦できます!

さいごに 小さな子どもから大人まで楽しい施設!

1クールが終了し、1時間たったころには汗をかきくたくたに!初訪問のトランポリンパーク「ジャンポリン」、満喫しました。

宙返りやバック転OKのトランポリンもあり、初心者から上級者まで楽しめます。小さな子どもでもOK。トランポリンだけでなく、反り立つ滑り台、デビルスライダーやアスレチックのような遊びもあるのもいいですね。

ジャンポリンは、外遊びが大変な暑すぎる夏の日や天気の悪い日でもめいいっぱい体を動かせるスポット。ぜひお出かけの参考にチェックしてくださいね!

▼PICK UP ▼

SNSもフォローしてね!

SNSアカウント

\ 総フォロワー数 2万人以上! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
しょうプロブロガー
元SEで旅とキャンプが好きな3児の母。専業主婦からブログでフリーランスに。当サイトのほかに、計1,100万回以上読まれている子連れお出かけブログ「しょうラヂオ。」、ファミリーキャンパーのためのブログ「まいキャン!」などを運営中。