【イベントレポ】「おやま妄想会議#06」で妄想を語りました!おやまの未来は明るい!

2019年9月14日に開催された「おやま妄想会議#06」にトーカーとして参加してきました。

6回目を迎えた「おやま妄想会議」ですが、毎回参加されている常連さんだけでなく、はじめましての方もいらっしゃいましたよ。

和気あいあいと小山のこと・自分のやりたいことを語り合うとても楽しい場でした。

本記事では、「おやま妄想会議#06」に参加しての感想やトーカーとして自分が語った妄想(やりたいこと)を紹介します。

おやま妄想会議とは?

「おやま妄想会議」とは、「小山でおもしろいことをやりたい!」、または、「すでにやってるよ!」という方の話を聞きながら、その想いやアイデアをみんなで一緒に「おもしろがろう」という meet  up イベントです。

今回(2019年9月13日)で6回目の開催を迎え、思いや妄想を発表をしたトーカーは12組。おもしろいことをやりたいひと「50人」と出会うまで続ける予定です。

開催場所はまるでわくわくする秘密基地「おやま未来ヒュッテ」

今回の「おやま妄想会議」の会場は「おやま未来ヒュッテ」という一戸建てのお家。まるで、隠れ家のような素敵な空間でした。

秘密基地で夢を語り合う…そんなイメージがぴったり。

「おやま未来ヒュッテ」とは、山小屋のヒュッテから名付けられています。

山小屋は、様々な道をたどって胸を膨らませながら頂上を目指すひとりひとり違う登山者が集まり、情報交換をし、交流する場所でもあります。

山小屋的情報を、山のない小山市につくったのが「おやま未来ヒュッテ」なのです。

トーカーとして自分の活動と妄想を発表

初参加の「おやま妄想会議」でしたが、トーカーとして自分の取り組みや夢(妄想)を発表させていただきました。

当日発表した主な内容は以下のとおりです。

  • どうして地域ブログ「おやナビ!おやま」を立ち上げたのか
  • 移住者ならではの視点、新鮮ですべてが面白い
  • 小山市に移住して1年半、小山市のここがすごい!
  • 個人ブロガーの強み
  • 全国の地域ブロガーの取り組みの紹介
  • ブログを通してどうしたいのか、どうなってほしいのか(という妄想)

わたしは、ブログを通して「きっかけ」を作れたら…というのが一番の想いです。きっかけとは、直接的に足を運ぶきっかけだけでなく、小山市を知るきっかけ、興味や関心を持つきっかけなど。

さらに、「おやナビ!おやま」やSNSで小山市の魅力を発信し続けて、少しずつ多くの人に届けられるようになれば、知らないうちにより小山市のことを好きになって、シビックプライドを持つ人が増えるはず。

そうなれば、街のために進んで動いたり、積極的に情報発信をする人が増えるのでは…と期待して情報発信を続けたいと考えています。

さいごに

発表の後には、参加者との交流会がありました。

それぞれの妄想や想い、取り組んでいる活動に触れて、とても刺激を受けました。それぞれの活動の点が、どこかで交わり線になり、「おやまを盛り上げていこう!」という1つの想いでつながっていく。

「おやま妄想会議」では、残り36組のトーカーを迎えて活動や妄想を発表して頂く予定です。

トーカーも募集しているそうなので、「小山でなにかしたい、すでにこういう活動をしている、こうなってほしい」などの妄想や想いがある方はぜひ!

次回の開催は、2019年11月8日(金)。新たな妄想を聞くのが今から楽しみです。

「おやナビ!おやま」のSNSもフォローしてね!

おもいがわ さくら

よく使うSNSのフォローをしてくれよなっ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA