『OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)遊水園』手ぶらで楽しめる釣り堀!ルアーやピラルク・金魚すくいも

おもいがわ さくら

世界最大級のピラルクへの餌やりは大迫力だったぞっ!

OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)遊水園へ行ってきました。えさ釣りをして、美味しいマスの塩焼きを食べて。

釣りだけでなく、世界最大級の淡水魚ピラルクの餌やり体験や金魚すくいもして大満足。手ぶらで訪れる釣り初心者から、ルアー釣りを本格的に楽しみたい人まで楽しめる釣り堀です。新しくバーベキューエリアも登場。

当記事では、オヤマウォーターパークを紹介します。

本記事では実際に訪れてエサ釣りを体験したときの情報を元に執筆しています。

OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)遊水園へ

OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)遊水園は小山市にある釣り堀。場所は、4号バイパスから近く、小山市鉢形にあります。

▽Oyama water Park 遊水園の場所

駐車場は隣りにあります。入園は無料。朝8時から開いています。早い!

OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)遊水園へ初めて訪れましたが、きれいで整備されているスポットですね。子連れでも訪れやすいです。

屋根付きで日陰になるテーブルも多くありました。

▽料金表

釣りは、えさ釣りかルアーフィッシングかを選びます。

手ぶらで訪れる場合はえさ釣り。えさ釣りは、ニジマスとチョウザメがありした。(訪れたときはチョウザメのエサ釣りは休止中)

ニジマスのえさ釣りは、貸竿セット(えさ、ネット、バケツ付き)が1本300円。えさ釣りで釣れたニジマスはすべて買い取る方式です。

  • そのまま持ち帰り:1匹400円
  • わた抜き持ち帰り:1匹500円
  • 塩焼き:1匹600円
  • 三枚おろしの持ち帰り:1匹1,200円

釣りすぎてしまうとその分料金もかかるので、食べたり持ち帰る分だけ釣理を楽しみます。

他にも、金魚釣り(竿餌付き:30分600円)や金魚すくい(ポイ2枚付き200円)、ピラルクの餌やり体験(300円)や完全予約制のピラルクフィッシングもありましたよ。

全体的に優しい価格なのもありがたいです。

ルアーフィッシングのキッズ・レディース専用の釣り堀もあるので、子どもといっしょにルアーも安心して楽しむことができます。

受付前に飾られていたピラルクの剥製。

大きいです!ピラルクはアマゾンに生息する世界最大級の淡水魚。

訪れたのは、休日の9時過ぎ。すでにエサ釣りやルアーフィッシングを楽しむ人で賑わっていました。爽やかな季節に朝から釣りを楽しめるのもいいですね。

手ぶらで訪れてえさ釣りを楽しむ!

子どもと訪れてえさ釣りにチャレンジ。手ぶらで訪れて気軽に体験できるのでいいですね!

すぐに釣れてしまうと一瞬で終了してしまうので、まずは釣り竿を1本だけレンタル。交代で釣りを楽しみます。

今まで体験した釣り堀とは違い、思ったよりはなかなか釣れません!餌だけ食べられたり、逃げられたりと…釣りを楽しめていい感じ。

なかなか釣れないので、もう1本釣り竿をレンタルしました。子どもが各自1本ずつの釣り糸を垂らします。

エサはうどんのようなものを練ったもので、虫が苦手な子どもや初心者でも安心して針につけられるのも嬉しいポイント。

ちぎって、丸めて針糸につけます。

釣り糸を垂らして20分ぐらいでしょうか?子どもたちがそれぞれ大きなマスを釣り上げました。

釣ったマスは頂鱒(イタダキマス)という種類。せっかくなので、塩焼きにしてその場でいただきます!塩焼きは1匹600円。

ピラルクへの餌やり体験は迫力がすごい!!金魚すくいも!

塩焼きは焼き上がるまでに30分ぐらいかかるので、その間にピラルクの餌やりや金魚すくいを楽しみました。

温室の中で育てられているピラルク。池の中に揺らりと見える魚影が大きくてすごい!!

▽ピラルク、大きいです!

餌やりも迫力満点。

傍らに網がおいてありましたが、網の大きさがピラルクの大きさを物語っています。ピラルクフィッシングは毎週火曜日に完全予約制。釣れるのでしょうか?重そう…。

続いて金魚すくいも楽しみます。200円でポイ2本がついてます。

ポイが信じられないほど丈夫!出店の金魚すくいは、すぐに破れてしまった記憶しかありません。

丈夫なポイは水につけ続けても破れず、コツを掴んだ娘は1つのポイで8匹もすくっていました。

我が家にはすでに長老の大きな金魚を飼っていて、いっしょの水槽に入れるのは不安があるのですべてリリースしました。

釣りだけでなく、ピラルクへの餌やりや金魚すくいも体験できて楽しい!

釣ったニジマスの塩焼きを食べる!頂鱒(イタダキマス)が美味しい!

続いての楽しみは、釣ったニジマスの塩焼き。

炭火で焼かれています。

子どもが釣ったニジマス。大きい!たっぷりの塩が振られており、炭火で焼かれたニジマスは見た目にも美味しそう。

ふっくらと柔らかで上品な味。頂鱒(イタダキマス)というブランドニジマス。

釣りを楽しみ、釣った魚を塩焼きでいただけるのは嬉しい!

食事メニューもあります。焼きそばやチャーハン、フランクフルトやカップ麺、わたあめなど。

お財布に優しい値段設定。

外でたべる焼きそばやチャーハンの美味しいこと。

自家製のプリンやスモークチーズも販売されていました。チーズが大好きなのでお土産に購入。

家でいただきましたが、しっかりとスモークの味が染み込んでいるチーズは手が止まらない美味しさでした。おつまみにもぴったり。

BBQエリアも登場!

2022年4月に登場したBBQエリア。

高い木に囲まれていて気持ちよさそうです。

地面にはチップが敷かれています。

それぞれタープが貼ってあるのもいいですね!ちょっとした雨でも楽しめ、日陰になります。

持ち込んだ食材や釣ったニジマスを焼いて食べたり。

炊事場もきれいでした。隣の敷地も開拓中の様子。キャンプが好きなので、キャンプ場ができると嬉しいですね。

OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)訪れての感想

ずっと気になっていた「OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)遊水園」。

手ぶらで楽しめるえさ釣りは初心者や子供連れにもおすすめ。釣ったニジマスを塩焼きでいただくのは最高に美味しかったです。さらに、水族館でしか出会えないピラルクへの餌やりは貴重な体験で、迫力満点でした。

金魚釣りや金魚すくいもできるのもいいですね。

ルアーフィッシングはキッズ&レディースエリアが別に設けられているので、これから子どもに教えたい・子どもと楽しみたい家族連れにも安心。

バーベキューエリアは高い木に囲まれて、設備もきれいで快適そう。

初めて訪れましたが、手ぶらでふらりと訪れてめいいっぱい楽しめるスポットでした。

気になったらぜひチェックしてくださいね。

「OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)」のアクセス・営業時間などの基本情報

「OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)」のアクセス・営業時間などの基本情報は以下のとおりです。

「OYAMA WATER PARK(オヤマウォーターパーク)」のアクセスや営業時間などの基本情報

▽MAP

▼PICK UP ▼

▼小山市の周辺エリア▼

「おやナビ!おやま」のSNSもフォローしてね!

おもいがわ さくら
SNSのフォローもよろしくおねがいしますっ!
「おやナビ!おやまSNSアカウント

\ 総フォロワー数 1万7千人以上! /

シェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US

しょうプロブロガー
元SEで旅とキャンプが好きな3児の母。専業主婦からブログでフリーランスに。当サイトのほかに、計1,100万回以上読まれている子連れお出かけブログ「しょうラヂオ。」、ファミリーキャンパーのためのブログ「まいキャン!」などを運営中。