6月15日は栃木県民の日!無料・オトクに楽しもう!

【土のお菓子を食べてみた!】鹿沼土のお菓子?あの鹿沼土にそっくりなスナックを発見!|栃木県鹿沼市

鹿沼市を流れる関東一の清流大芦川で水遊びをし、古峯神社で天狗の御朱印をいただいたときの帰り道。鹿沼市で噂のお菓子を買いました。

見た目がまるで鹿沼土のようなお菓子の「鹿沼土スナック」です。実際に土のお菓子(?)を食べたので、紹介します。

土のお菓子?鹿沼土スナックを食べてみた!

まるで見た目が鹿沼土のお菓子は、鹿沼市の町中にある「まちの駅 新鹿沼宿」で購入することができます。

▽まちの駅 新鹿沼宿

鹿沼土とは?

栃木県鹿沼市特産の土の種類。園芸用に使われる赤玉土と同じ火山灰の一種の土のこと。鹿沼市は国内有数のさつちの産地でもあり、さつきの園芸用の土にも鹿沼土が利用されます。

▽こちらが鹿沼土です

栃木県に引っ越してからは、ホームセンターの園芸コーナーで販売されているのをよく見かけますよ。

こちらが、鹿沼土そっくりの鹿沼土スナック。

袋の大きさこそ違いますが、パッケージの雰囲気、中身のスナックはまさに鹿沼土そのもの。

パッケージの大きさは、普通のスナック菓子と同じ大きさ。価格は1袋360円です。

鹿沼土みたいなスナック」というネーミングもいいですね!

よく見ると、使用上の注意として、「さつき・盆栽の植え替えには使用できません。」とただし書きがしてあります。さつきの絵柄に栃木県鹿沼市産の文言、まさに鹿沼土。

中身を開けてみると、ちゃんとスナック菓子でした。

鹿沼土みたいなスナック菓子はきなこがまぶしてあるポン菓子。「掘りたてで水分を切った状態」の黄色みを帯びた鹿沼土を再現しているそうですよ。とても芸が細かいですね。
さらに、土に混じる鉱物はアーモンドやくるみ、ピーナツで表現されています。

サクッとしたポン菓子はきなこの甘さと、アーモンドやピーナッツなどがとてもいいアクセント。

ホンモノの鹿沼土は食べられませんが、鹿沼土みたいなスナック菓子は美味しくいただくことができます。見た目のインパクトだけでなく、美味しく食べられるのもうれしいポイント。

「鹿沼土みたいなスナック」は、鹿沼市を訪れたときのお土産としてぜひ!話の種にもおすすめのおみやげです。

▼PICK UP ▼

SNSもフォローしてね!

SNSアカウント

\ 総フォロワー数 2万人以上! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
しょうプロブロガー
元SEで旅とキャンプが好きな3児の母。専業主婦からブログでフリーランスに。当サイトのほかに、計1,100万回以上読まれている子連れお出かけブログ「しょうラヂオ。」、ファミリーキャンパーのためのブログ「まいキャン!」などを運営中。