小山市のお花見スポット!思川桜堤の桜のトンネルが美しい!|白鴎大学大行寺キャンパス東側

思川桜

思川桜の桜のトンネルを見に行こう!アクセスや見頃などの基本情報

白鴎大学大行寺キャンパスの東側にある思川緑地。

思川の堤防沿いにある場所には約80本の思川桜が植えられています。毎年4月中旬ごろには薄紅色の桜のトンネルが見られますよ。

今年(2019年)は、4月9日の時点でまだ咲き始めでした。薄紅色の思川桜のトンネルが見られるのはもう少し先になりそうです。

思川桜堤の場所

  • 場所:白鴎大学大行寺キャンパス東側思川桜堤
  • 住所:栃木県小山市小山~大行寺付近
  • アクセス:小山駅から徒歩20分、車の場合は佐野藤岡I.C.より国道50号経由25
  • 駐車場:小山市役所駐車場を利用 1,000台(無料)

▽小山駅からのアクセス

思川桜(オモイガワサクラ)とは?小山市原産の桜の品種

小山市原産で市の花にも指定されている思川桜(おもいがわさくら)。昭和29年に小山修道院で十月桜という品種の桜から、突然変異して生まれたものです。


特長は、紅色を帯びた美しい花。10枚の花弁があります。ソメイヨシノよりもピンクが濃く、薄紅色がきれいですよね。

思川桜の開花時期は、ソメイヨシノが咲き始めて、一週間後くらいです。

小山市ではソメイヨシノとともに思川桜もあちこちに植えられています。小山市では長い時期お花見を楽しむことができます。

「おやナビ!おやま」のSNSもフォローしてね!

おもいがわ さくら

よく使うSNSのフォローをしてくれよなっ!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA